クリーニングで毛玉を取ってもらうことはできる?

公開日:2023/10/15 最終更新日:2023/07/05
毛玉

長く愛用しているといつの間にか自然とできている洋服の毛玉。自分で取るとなるとなかなかの手間ですが、クリーニングに出せば取ってもらうことができるのでしょうか。本記事では、クリーニングで毛玉を取ってもらうことはできるのかについて詳しく紹介していきます。洋服の毛玉に悩まされている方はぜひ参考にしてください。

クリーニング店で毛玉を取るほうがよい理由とは

毛玉は自力で処理することもできますが、できることならクリーニング店で取ってもらった方がよいと言われています。なぜかというと、仕上がりが違うから、失敗する可能性が低いからといった理由があるからです。

ここでは、クリーニング店で毛玉を取った方がよい理由について紹介していきます。

仕上がりが違う

クリーニング店を選んだ方がよい最大の理由は、仕上がりが違うからです。やはりクリーニング屋さんはプロのため、毛玉取りであっても素人が行うのとは仕上がりが違います。

多くのクリーニング店では、クリーニングの際についでに無料で毛玉を取ってもらうことができ、有料でも数百円程度で済むため、大切なお洋服の毛玉を取る際は、クリーニング店の利用を検討してみることがおすすめです。

失敗する可能性が低い

クリーニング店に依頼した方がよい理由には、失敗する可能性が低いという理由もあります。自力で毛玉を取る場合はカミソリなどの刃物を使う必要があるため、最悪の場合失敗して、洋服にを空けてしまう可能性がありますが、クリーニング店に依頼をすれば失敗することがありません。

普段から細かな作業を苦手としている方は、毛玉取りであっても念のため、クリーニング店に依頼することがおすすめです。

クリーニング店に毛玉取りを依頼するといくらかかる?

できてしまった毛玉を自分で取ろうとするとなかなか手間がかかってしまいますが、クリーニング店に毛玉取りを依頼する場合どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ここではクリーニング店に毛玉取りを依頼した場合にかかる費用を、洋服の種類ごとに紹介していきます。なお、ここで紹介する料金はあくまでも目安であり、どこの店舗でもこの料金で依頼できるわけではないので注意してください。

コートの料金

コートの毛玉取りを依頼した場合にかかる費用は、200円~500円(税込)程度と言われています。コートは一番上に羽織る衣類のため、カバンなどと擦れて腕周りや腰回り、背中などに毛玉ができることが多いです。

コートはほかの衣類と比べて、1着の販売価格が高い傾向にあるため、失敗したくない場合は、自分でせずにクリーニング店へ依頼することがおすすめです。なお、お店によっては、クリーニング費用に毛玉取りの費用が含まれており、無料で対応してもらえるケースもあります。

スーツの料金

スーツの毛玉取りを依頼した場合にかかる費用は、200円~500円(税込)程度と言われています。スーツは仕事や冠婚葬祭の際に着るフォーマルな衣服のため、一部分だけでも毛玉がついていると、相手にだらしがない人だという印象を持たれてしまいます。

スーツに毛玉が出来てしまった際は、気が付いた時点で、なるべく早くクリーニングに出すようにしましょう。

お店によってはクリーニング費用に毛玉取りの費用が含まれており、無料で対応してもらえるケースや、毛玉取りだけの依頼はできないケースもあります。

セーターの料金

セーターの毛玉取りを依頼した場合にかかる費用は、200円~500円(税込)程度と言われています。セーターはニットで出来ている性質上、毛玉ができやすいです。毛玉が出来た際に取らずに放置しておくと、どんどん毛玉が増えていってしまうため注意しましょう。

こちらもお店によっては、クリーニング費用に毛玉取りの費用が含まれており、無料で対応してもらえるケースもあります。

毛玉をできにくくする方法とは

最後に毛玉をできにくくするための方法を紹介します。毛玉は気がついたらできてしまっていることが多いですが、きちんと対策を取ればできにくくすることは可能です。

こまめなブラッシングをする

洋服を着終わった際に都度ブラッシングをすると繊維が整うため、毛玉の発生を予防することができます。ブラッシングにはホコリを落とす効果もあるため、大切なお洋服は極力ブラッシングするようにしましょう。

なお、ブラッシングの際にはを入れすぎると、かえって毛玉の原因になるため注意が必要です。

洗濯に注意する

毛玉は摩擦で発生するため、洗濯の際に洋服が洗濯機のなかでこすれてしまうことでも発生確率が上がります。洗濯の際には、洋服を裏返したり洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れたりすることで、毛玉の発生確率を下げられます。

大切な洋服を洗う際は、一度裏返しにしたあとで洗濯ネットに入れてから洗濯するようにしましょう。

着る頻度を落とす

毛玉は衣類の摩擦で発生するため、やはり何度も着るとその分毛玉ができる確率が上がります。大切な洋服に毛玉ができて欲しくない場合は、着る頻度を落とすことで発生確率を下げることも検討してみましょう。

柔軟剤を使用する

洗濯の際に柔軟剤を使用すると衣類の繊維がやわらかくなるため、摩擦で毛玉ができてしまうことを軽減することができます。絶対に毛玉ができてほしくない洋服を洗う際は、柔軟剤を入れることも考えてみましょう。

まとめ

本記事ではクリーニングで毛玉を取ってもらうことはできるのかについて紹介しました。いかがだったでしょうか。毛玉は自分で取ることもできますが、時間も手間もかかるため、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼することがおすすめです。自力で挑戦する場合は、誤って洋服に傷を付けないよう注意しましょう。本記事が長く愛用しているお洋服にできてしまった毛玉に悩まされている方のお役に立てれば幸いです。

おすすめの宅配クリーニング比較表

イメージ
サービス名ニックリナビスせんたく便リネットリアクアクリラボクリコム
特徴創業から70年以上!国家資格保有者が多い宅配クリーニングをお求めの方におすすめ!デラックスでなくとも安心!標準で高品質なクリーニングを求める方におすすめ!お得にキレイ!お店に持ち込みにくく費用もかかる衣類をもつ方におすすめ!2種類の会員プラン!利用頻度や仕上がりに応じたプランを選びたい方におすすめ!プレミアム会員はお得な特典満載!限定キャンペーンに興味がある方におすすめ!完全個別洗い!ほかの人の服と分けてクリーニングしてほしいという方におすすめ!徹底した溶剤管理とプレッシング技術!着心地のよい仕上がりを求める方におすすめ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら