クリーニング不要?ダウンの適切なお手入れ方法とは

公開日:2024/01/15 最終更新日:2023/07/14

冬場の必須アイテムといえば、手袋、マフラー、そしてダウンを使った上着でしょう。みなさんは毎年、お気に入りのダウンコートのケアはどうしていますか?今回の記事では、クリーニングに出すべきかどうかも含めて、ダウンの適切なお手入れ方法について解説します。ぜひ今後のヒントにしてみてください。

ダウンはクリーニングしたほうがよい?

初歩的なことから確認しておくと、ダウンは、水鳥のグースやダックの羽毛を素材に使い、軽いうえに保温性が高く、やわらかい感触が特徴です。

似たようなものでフェザーがありますが、こちらは羽軸をもった羽のことで、高度な弾力性と通気性が持ち味。

たとえば、ダウンコートは、ふわふわとした肌触りのダウンとフィット感がたまらないフェザー、両方を混ぜ合わせてできています。さて、ここからが本題です。

ダウンコートは、クリーニングに出すべきなのでしょうか?

まずは、出した場合のメリット、出さなかったときのデメリットを比較してみてください。

専門のクリーニング業者に依頼する強みは、表面の汚れだけでなく、中身のダウン素材も洗え、内側まできれいな状態に保てることです。匂いもなくなり、カビの発生や虫食いのリスクも軽減できます。

結果として、長い間、愛用できるので、多少割高な料金であっても、長期的な視点に立てば、シーズンごとに買い替えるよりも経済的かもしれません

一方、自宅で洗濯すると、どうなるのか。水洗いが可能なダウンコートに限定したうえで、考えてみましょう。

洗濯ネットに入れ、手洗いモードなど、弱水流系のメニューを使い、洗っていきます。ここまでは簡単なように思えますが、洗った後、ダウンが偏らないように干す作業は意外に難しいものです。

かかる手間や時間、さらに、一歩間違えば着られなくなってしまう危険性も考えると、コストはかかっても、専門のクリーニング業者に出すほうが賢い判断でしょう。

ダウンをクリーニングに出した場合にかかる料金

では、実際にクリーニングに出した場合、どれだけの費用がかかるのか、ひと通りチェックします。

はじめに、ドライクリーニングとウェットクリーニングで料金の違いがあることを頭に入れておきましょう。ドライクリーニングとは、その名の通り、水を使わずに、専用の有機溶剤で洗う技法のことで、皮脂系の汚れに強いのが魅力です。

一方、ウェットクリーニングは、ドライクリーニングにプラスして、特殊な洗剤と水によって汚れを洗い落とすこと。たとえば、汗などの水に溶けやすい汚れに威力を発揮します。

ただし、水を使う都合上、色落ちや型崩れなどの可能性も少なからずあるので注意が必要です

ダウンコートをドライクリーニングに出す場合、大まかな費用相場は、2,900~4,950円(税込)で、ウェットクリーニングでは、2,900~1万1,000円(税込)となっています。後者のほうが割高なのは、前述したように手間暇がかかるからです。

高額なダウンの場合は?

10万円以上もする高級ダウンだと、どの程度、金額的にアップするのか、気がかりな人もいるかもしれません。

高級ダウンをクリーニングに出すうえでのポイントは、信頼できる業者を選ぶことです。水鳥の羽毛を素材とするダウンは、性質上、ドライクリーニング時に油分が落ちてしまい、保温性がダウンします。

つまり、一般的なダウンと比べると、より高度な洗濯技術が必要なため、高級ダウンの取り扱いに慣れた専門店に任せるのがいちばんです

ちなみに、だいたいの費用相場は、8,800~1万1,000円(税込)となっています。

ダウンをクリーニングに出す頻度とかかる日数

ダウンコートのアフターケアには、費用相場だけでなく、クリーニングに出す頻度や必要な日数も問題になります。頻度に関しては、汚れがひどくなければ、年に1回、クリーニングに出す程度でよいでしょう。

つい忘れてしまい、新たな季節を迎えたとき、カビや虫食いで困ったことにならないように気をつけてください。タイミングとしては、3月下旬から5月までの間が狙い目

ダウンのシーズンが終わる頃になると、業者によっては割引キャンペーンなどを実施しているところもあります。とりわけ、高級ダウンを所有している方は、そのつどチェックしてみて、よりお得な方法を選んでみてください。

クリーニング完了までに要する日数は、実店舗で約1週間、宅配スタイルで約2週間となっています。

まとめ

ダウンなしでは厳しい冬は乗り越えられない。そんなふうに実感している人もきっと多いはずです。保温性が際立つうえに、やわらかくて心地よいダウンは、一方でデリケートな素材ゆえに、扱い方にも一定の丁寧さが求められます。

今回の記事内容をおさらいすると、汚れをきれいに落として品質を保ちたいなら、専門のクリーニング業者に任せるのが最適、というものでした。高級ダウンの場合は、とくに強調しておきたいポイントです。次のシーズンを迎えるまでの間に、快適に着こなすための必要な準備はあらかじめ済ませておきましょう。

おすすめの宅配クリーニング比較表

イメージ
サービス名ニックリナビスせんたく便リネットリアクアクリラボクリコム
特徴創業から70年以上!国家資格保有者が多い宅配クリーニングをお求めの方におすすめ!デラックスでなくとも安心!標準で高品質なクリーニングを求める方におすすめ!お得にキレイ!お店に持ち込みにくく費用もかかる衣類をもつ方におすすめ!2種類の会員プラン!利用頻度や仕上がりに応じたプランを選びたい方におすすめ!プレミアム会員はお得な特典満載!限定キャンペーンに興味がある方におすすめ!完全個別洗い!ほかの人の服と分けてクリーニングしてほしいという方におすすめ!徹底した溶剤管理とプレッシング技術!着心地のよい仕上がりを求める方におすすめ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら